<< 4月21日 京都・大悲山へ | main | 5月度月次祭のご報告 >>
5月1日 月次祭のご案内
こんにちは。 大部気候も暖かくなりましたが、気候の変わり目なので

体調管理を怠らないようにしたいものですね。

さて、今月も後2日で5月1日。

本庁では午前10時30分より月次祭を執り行います。

鳴動祭は世の中の動きをいち早く私たちに教えてくれるのですが、

5月度の世の中の動きは如何に・・・・。 私的なことや公的なこと・・。

4月度は大分荒れていたご報告をいたしたと思いますが・・・。

世界全体の動きが、微妙な動きになっています。

人間のちょっとしたミスや行動が大きな引き金となって事件が

起こらないように・・・・・。

五色人の動きに注目しています。

5月1日は連休の方もいらっしゃるかと思います。 

御都合の合う方は、是非ご参拝ください。


 
| イベント | 16:04 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
私は、高坂和導氏が、竹内文書を解明された本を読みまして、日本という国、天皇の素晴らしさ、また、人類の果たすべき使命などを教えられ、感銘を受けたものの一人です。
高坂氏は、竹内文書をアメリカに普及しようとしてフリーメイソンに出会い、命を奪われたと聞いています。
今まさに、日月神示で示されている、一厘の秘密を持って、日本に迫ってくる、悪神たちをひっくり返す時を迎えているのではないかと思います。

竹内文書のあの膨大な歴史を継承し、現在に至る管長の使命として、口述で秘伝を受けられておられると思いますが、再び日本の天皇が世界を一つの国として平和に統治することのできる時を伝えようとしておられるのか、また、それを成すに必要な人物が現れることを伝えようとしておられるのか、どのような方法で、竹内文書が伝えようとしている内容を、成就しとうとされておられるのでしょうか。
| 兼広浩治 | 2014/05/02 3:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.takeuchi-bunken.com/trackback/206
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE