1年の心(タマシイ)の棚卸はお済ですか?
 こんにちは。

寒さも本格的になって来ましたが、皆さんはいかがお過ごしで

しょうか?

今年もあとわずか、自分自身の心(タマシイ)の棚卸はお済ですか?

世の中激動の時、自分にとって良いこと、悪いこと、また家族や

知人、友人にとって自分はどうであったのか?

色々と振り返る意味でも心(タマシイ)は働いていますでしょうか?

自己の反省や進展を振り返る意味で、12月は心(タマシイ)の棚卸を

するのに大切な時期なのです。

とかく忙しさにかまけて見逃している小さな事柄が、実は今後を

左右する重大な事柄かもしれません。 

そんな意味でも、12月こそ心(タマシイ)の棚卸をいてみては

いかがでしょうか。  きっと来年の見通しが明るくなりますよ。


人間、心に余裕がないと以前から申し上げている、気、間、感が

働きません。  つまり心(タマシイ)は未来へのアンテナです。

今年は何となくさえなかったとか、思うように事柄が進まなかった方、

是非心(タマシイ)の棚卸をしてみてください。


| 心(スピリチュアル) | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
パワースポットを考える。  パート
 こんにちは。

最近電車の中刷り広告や書店の雑誌コーナーに沢山見かける

のが『パワースポット』に関するコーナーですね。

色々な立場の方が色々な角度からお勧めする場所などが

ありますが、最近気になっていることは、なんでもかんでもと言う

感じで、本来なら避けるべきはずの場所なのに推奨している・・・。

そんな気がしてなりません。


パワースポットはそこに(気、エネルギー、磁場など)やどる力

があり、それを人間と言う肉体に取り入れて活性化するものですが、

所が以前にも申し上げましたが、そのエネルギーが合う人、合わな

い人があるはずです。


世の中情報化社会ですが、何を基準にそれをパワースポットを推奨

しているのかいるのか?また、なんでそこなのか? 冷静に考えて

見ることも必要ではないでしょうか。







| 心(スピリチュアル) | 10:49 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
パワースポットを考えてみると。 パート
 こんにちは。

昨夜から今朝にかけて、ミゾレ交じりの雨模様でしたが、こんな

時期にと思われた方もいたことでしょう。 もう4月も半ば過ぎ

ですよね。

ところで最近は異常気象(天の力)、地震(地の力)、経済の混乱

(人の力)いわゆる天・地・人に大きな変化が起きていることに

すでに皆さんも気がつかれていることと思います。

これら天・地・人は世の中全体を動かす力であり、人間の範疇を

超えた力でもあります。  これから、我々はどのように対処

していけばいいのか・・・。  この件に関しては勉強会などの別

な機会にじっくりとお話させて頂きます。


ところで、前回の続きですが、日本にはなぜ?多くのパワー

スポットがあるのか?までお話したと思います。


今日は、パワースポットはすべての人に有効であるのか?

または感じることができるものなのか? 答えは、

いいえそうではありません。

と言うのは、以前から申し上げているように人間は波動の動物

でもあるわけで、人によって『気の流れ』の感じ方が皆違うのです。

パワースポットがすべての人に感ずる場合と一部の人だけに感ずる

場合とがあるはずです。 また、このパワーがその人に有効に

働く力なのか、そうでないのか・・・。見極めも必要です。


それでは、どのようにこれらのパワースポットを活用したらいい

のか?

パワースポット選びはどのようにしたらいいのか?・・・。

ですが、この方法は色々あります。  一部を紹介しますと、

たとえばその場所の写真とか、神宮、神社、場所などの

地名を心の中で唱えて自分に『ピンとくる』ものを感じた場所

へ行ってみるとか。

心の中で、今足りないことについてイメージを膨らませてみる

とか、人により感性が違いますので、自分にあった方法を

見出してみることが大切ですね。


今悩んでいる貴方、自分自身を変えるには外的な方法と内的な方法

とがありますが、先ずは自分の心(タマシイ)を変化させることが

早道でありその為に、天地自然なる力、エネルギーを自身に受けて

直観力や判断力を養うことにより、新たな道が開けることでしょう。

是非この機会に、自分のパワースポットを探してみてはいかがで

しょうか。
















| 心(スピリチュアル) | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
パワースポットを考えてみると。
 こんにちは。

最近よく耳にする言葉に『パワースポット』がありますが、皆さん

はいかがでしょうか?雑誌の特集や単行本などで、色々なところ

が紹介されていますね。

ところで、パワースポットとはどのように理解されてますか?

人間で言うなら、体のツボでしょうし、気功治療などと呼ばれて

いるものでは、手や体の一部から発する気(エネルギー)によって、

他の病んでいる人に気を送り、気のめぐりをよくして治すことなど

でしょう。


それと同じように地球上の大地に強い磁気(気)が流れている所

がありその場所に行くと、人間の気の活性化によって、身体に

変化が起こる場所をパワースポットと呼んでいます。

この活性化によって、身体や心のリフレッシュがなされるのです。


これらのパワースポットは昔は何と呼ばれていたのでしょうか?

多分、気分の良くなる場所(気持ちの浄化する場所)、いわゆる

聖地と呼ばれていたのでしょう。

また、これらの場所を示したのは、部族のシャーマンや日本なら

神官であったはずです。

なぜなら、森羅万象、自然との調和によって人々がどのように

生きればいいのかを神より啓示されていたからです。


ところで、世界にはいくつものパワースポット呼ばれている所が

ありますが、わが日本も実に多くのパワースポットがあります。

大小合わせれば何千カ所はあると思います。  


それではなぜ日本に多いのかと言えば、日本は昔から『神の国』と

呼ばれています通り、八百万の神々が集中しておりました。

その為、お役割のある神々がその場所に鎮座されていると

考えられます。それで、多くの聖地が存在している理由なのです。

この続きは・・・・。

















| 心(スピリチュアル) | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
心の病とは・・・。(気の病とは)
 こんにちは。

久々の晴れた日を過ごし、心も軽やかでしょうか?

さて今日は心の病について考えてみます。


心の病は気の病でもありますが、これはしいては肉体の病にも

つながります。


以前、気について触れたことがありましたが、肉体ある処に

気は宿ると。また、気のあるところに、生命がある・・・。

つまり、人間は気の動物であるから、気がやめば程なく肉体も

病むようになるのです。

ところで、気が病むとは何か?

人間の気は簡単に言うなら、陰の気、陽の気が体の中を循環

し、バランス良く流れていると。

しかし、このバランスが崩れた時、気も病み、しいては肉体も

病むのです。

いわゆる、気がずれる…気が違ってくる・・・。

しかし、人間の気は修正もできますよ。  

自然とのふれあい(海、山、川、澄んだ湖など)や 、また      

古神道で言う、言霊やオトダマを使った仕方、その他ピュアな

音楽などを聞くなど、気の修正の仕方はいくつもあります。

(人間は其々気の流れも違うので、ご自分に合った場所や
音楽があるはずです。。 言霊やオトダマはその点使い
易いかもしれませんが、その意味を理解する過程は若干
時間がかかるかもしれませんが・・。)


しかし、注意しなければならないことは、短絡的な判断や、

揣摩憶測(しまおくそく)はしない事です。 

また、気が病んでいる時は物事の判断も曖昧になりがちです

色々な勧誘など受け易いので、まさしく気をつけることが大切

ですよ。










| 心(スピリチュアル) | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
今時の相手に対する思いやりとは?  パート
 
こんにちは。

今日も寒い〜ですね。   最近、青空を見かけていなませんが、気分もイマイチ晴れない方多いの

ではありませんか? 

今日は先日の続きで、今お付き合いしている方はいるのですが・・・。結婚までは

踏み込めない。  そんな方、結構いますよね。

そこで、貴方が一番結婚まで踏み込めない理由はなんでしょうか?

相手(女性から見た場合)の条件が今一つたりない(たとえば、経済力、将来性、学歴、性格・・ets)

からでしょか?


結婚って、不思議なもんで勢いがないと踏み切れませんよね。

だからと言って、軽率な行動をすると後々離婚なんて言うのも・・・。

人によっては失敗はつきものだから、またすれば・・・・。なんて軽く考える人もいますが

それは大きな間違えですよ。   結婚はある意味、タマシイとタマシイの結びつきになるので

子々孫々まで影響することなのですよ。



先般も申し上げましたが、結婚とは今自分に足りないもの(面)と相手がパートナーとして足りない面

を補充してくれる(補充しあえる)関係で、活価値観が共有できるかどうかが1つのカギではないでしょ

うか。



すべて相手に求めるのではなく、お互い自分に足りないもの(面)を補強しあえる関係がいいのかもし

れません。

とかく自身の価値観だけで判断しがちですが、自分だけよければとか、今さえよければという

安易な考えをかえて、こころ(タマシイ)で考えてみてはいかがでしょうか。

必ず、貴方に合った答えが見出せるはずですよ。









| 心(スピリチュアル) | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
貴方は人の好き、嫌いがはっきりしていますか?
 こんにちは。

今日は朝から日中もとても寒いですね。    お天気も曇り空で、今にも雪が降りそうな気配です。

さて、今日はあまり堅い話ではなく、ごく自然な感じでお話をします。

貴方は初対面の人にお会いした時、無意識の中に、好きか嫌い(または得意な人か苦手な人)

と言うように感じますか?(感じたことがありますか?)

先般、人間は『気』の動物であるとお話しましたが、覚えていますでしょうか?

そうなんです、必ず人間はどちらか無意識に感じるはづなのです。

それは、人間が『気』の動物で、生きている証しでもあるのです。

勿論、何も感じられない方もいるとは思いますが・・・。

できれば、感じてほしい・・・・です。  なぜか?   『気』はある種の波動でもあり

ある種の危機や目に見えない力などをとらえる働きであるからです。

ということは、初対面での得意、不得意は生きてる証し!  かもしれませんよ。

皆さんはどちらでしょうか?
| 心(スピリチュアル) | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
『間』の世界について
 先般から、人間の気、感、について簡単にお話してきましたが、これと

関連して『間』の世界について考えてみましょう。

一口に間(ま)と言っても、ピンと来る人、来ない人があるかもしれません。

間は、たとえば、人の話に入る時にうまく入れないとか、

物事を動かしている時、そのタイミングが合わないとか、

そんな場合、間が悪いといいますよね。


人間はタマシイの動物なので、気、感、間を察知できるように作られている

と考えてもいいのではないでしょうか。


この3つのどれか1つでも退化しますと、物事がうまく回っていかず、感が鈍い奴とか

あいつはいつもタイミングが悪い、つまりついてない奴などと言われて

しまいます。

あなたは、どうかんじますか・


人間は生きているうちは、タマシイによって行動し、死の世界へ行くと

御霊(みたま)になります。


御霊になる前に、タマシイを生かしては?  いかがですか。

| 心(スピリチュアル) | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
『感』について思うこと。
 あなたは『感』というものについてどのように思いますか?

先日ブログにも書きましたが、人間には、気、感、間の世界があると。

その中で、大多数の方が思うの『感』とは、きっと第六感と答えるのではないでしょうか。

人間には、気と密接に働く『感』の世界があり、たとえば、感が冴えるとか、

感が働くとか、危険や未来の予測など多方面に働く世界でもあります。

ところで、感が冴えるようになるのはどうしたらいいのか?


そのヒントは、自然との調和から磨くことができます。

たとえば、海や山、川、滝などの自然から得る場合と、言霊や音霊などタマシイから

学ぶ場合と、色々あるかと思います。


最近、感が冴えないとか思っているあなた、家に閉じこもってばかりいないで、

自然とふれあってみませんか。

少しは、気がはれ、感が冴えるようになるかもしれませんよ。
| 心(スピリチュアル) | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
あなたにとって『気』とはどのように感じますか?
 こんにちは。

今日はお天気も良く、朝日の入る神田の事務所でブログを書いています。

先般、人間は、気、感、間が備わっていると色々な事柄に対処

できるとお話しました。

そこで、ちょっと『気』について思っていることをお話します。

ところで、あなたは『気』を感じられたことはありますか?

どんな小さなことでもいいのですが。


人間は本来『気』の動物なのです。  たとえば、初めて会った人に

ふと、この人苦手・・・。ということを感じたことがありませんか?

そうです、人間には誰しも『気』があるので当然感じるはずなのです。

勿論、私は一度も感じたことがありませんと言う方もいるかもしれません。


しかし、本当に『気』を感じなかったのでしょうか?

もっと細かいことを言うなら、陰の気、陽の気があり、その発する

波動を感じると言うことなのですが。


あまり難しい話は勉強会等でさせていいただくことにしましょう。



| 心(スピリチュアル) | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE