最近の極端な自然災害について
皆さん、こんにちは。 今日の東京は曇りのち雨で、午後から雨模様です。

最近、土日になると必ず豪雨か台風が続いてきて、日本列島各地で被害を

齎しています。  また、先日の御嶽山噴火では50人以上と言う大きな

犠牲を伴いました。 先般の広島での災害など・・・最近頻繁に自然災害が

発生していますが、なぜ?こんなにも多いのでしょうか?

勿論、日本ばかりではなく、地球規模で観察しても、世界各地で、異常気象

や自然災害が発生しています。

話は前後しますが、日本では現在火山活動が活発化しており、特に21か所が

要注意箇所とのこと。 関東では、草津の白根山あたりで有毒ガスが発生

しておりますし、富士山近辺では、地割れ、大量の湧水、火山ガスなど・・・

色々な部分で頻発しています。

秋は行楽のシーズンで、紅葉を見にいったり、秋の味覚を楽しんだり、

色々とありますね。   しかし、出かける方はそれなりの準備をされて

行かれるか、または何となく気が進まない場合は、取り止めるかまたは延期を

された方がよろしいですよ。  今何があっても不思議ではない・・・。

貴方の「気」(魂)に神様からお知らせを頂いていることを忘れないで・・・・。

 








 
| 自然・生態系 | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
春の訪れを感じさせる御本殿



こんにちは。 茨城県の北にある当神宮では、桜の花びらが綻ぶ

頃に、 石楠花の花のつぼみが膨らんできます。 これが開花すると

ピンク色に、また純白のような白い花を咲かす石楠花もあります。

石楠花はとてもきれいですが、その葉を煎じて飲むと大変なことに

なりますので、決してしないように。 たぶん下痢が止まらないくらい・・・。

文献によれば、これを特別な製法にで、煎じて飲めば長寿に・・・・。

あまり詳しくお話しできません。何しろ最近は薬事法に触れないような

表現にしないと・・・。  ただ、祖父もこれを愛飲していました。

現在は石楠花もお茶にできるものと、そうでない物がありますので・・。
*世界で約300種類ほどあります。

茨城の本庁の御本殿近辺に植樹したものは、石楠花茶として愛飲できる

種類のものです。   今月の後半から来月にかけてきれいな花を咲かせ

ますので、参拝の時には是非ご覧ください。

 
| 自然・生態系 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
自然環境の変化と人間について
こんにちは。 

寒さも緩み、徐々に暖かくなってきましてが、皆さん方はいかがお過ごし

でしょうか?  暖かさと共に、花粉も大分飛来しているようで、大変な方も

いらっしゃることでしょう。  マスクや防御メガネの方も見かけられますね。

さて、最近気になることがいくつかありますので、その中から2〜3お話をさせて

頂きます。

自然環境の分野なのですが、

地球全体の地表がかなり隆起を繰り返して、活発な活動が見られること。
*たとえば、GPSの高低による差の変動とか。

太陽の黒点の動きが変わってきている事。   また、北極・南極

などの氷の変化 。 世界的な豪雨・干ばつ・ハリケーンの数の多さと、

規模の大きさ。  その他色々なことの変化にきずいている方も多いこと

でしょう。

さて、神代の時代には、天の乱れ、地の乱れ、そして 人の乱れが重なると

それは不合朝時代に何度もあった、「地球が泥の海となる」・・・・。

これから先、どのようになるのか・・・・。 心配されている方も

おられることでしょう。

人間は、完璧に創られていません、ともに生きるためには、共存・共生・共栄

が不可欠です。  間違いを犯したならば、それを悔い改めて未来に

貢献する・・・。その繰り返しなのですが、どうもわかっていない人類も

いるようで・・・・。困ったものです。 過去のことに固執し、いつまでも

怨念を持てば、それは必ず己に帰ってくるのです。


人間であるからこそ寛容さや理性が働くのではないでしょうか。

共に生きる五色人の為に・・・大切にしたいものです。















 
| 自然・生態系 | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
先週の19〜20日に「電子」を利用した食に関する視察を行ってきました。


こんにちは。先日、九州の某J社に視察に行ってきました。

皆さんも普段から食べ物に関しては、色々と注意をはらっていらっしゃる

かと思いますが・・・・。

例えば  水は  水素と酸素の結合で出来ていますね。 
 つまり プラスとマイナスの結合ですね

仮に陽イオンをカチオン、陰イオンをアニオンと言う言い方をしますと、

上部右写真を見ますと、マイナスイオンに不純物が含まれているのが

お分かりいただけるかと思います。

硫酸、亜硫酸、砒素など・・・。ちょっと物騒なものが混じっている・・。

これらは、農薬、除草剤、化学肥料など・・・。多くに多少なりとも含まれて

おります。  これを除去する電子イオンの視察に参加させて頂きました。

今回の視察の目的は、食の安全をテーマに、電子イオンによる不純マイナス

物質の除去・交換がどのように我々人間に恩恵を与えるのか・・・。

上部、左の卵ですが、黄身が盛り上がっています。 とても新鮮です。

手で黄身をつかみますと、つまめて持ち上げても崩れません。

私は、以前から食の安全と確保に興味を持っております。

これは、いつかは免れ経ぬことができない五色人の食糧危機。

今までにも幾つか、方法は違えど上記のような卵やお米・野菜などを

見てきました。  

皆さん方の中には、もっとお詳しい方もいらっしゃるかと思いますが、

宝の持ち腐れとせず、共存共栄の為に役立させて頂ければと思います。


 
| 自然・生態系 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
世界的な事象について
こんにちは。 最近関東地方は全般的に寒いですね。

特に東京は先日47年ぶりの大雪にみまわれました。交通機関は大混乱・・。

ところで、ここ数年トレンドとして、地球上の寒暖の差が激しくなっていますね。

日本はもとより、アメリカのカリフォルニア州の大雨や東部の大寒波、イギリス

テムズ川上流の大洪水(250年ぶり)、イタリアの多雨、ブラジル・オーストラリア

での高温と寒暖差(1日で、43.9°から25.7°へ)、中東の低温や中国東部の

高温・・・、などまだ沢山の変化が見られます。

これを専門家と言われる人達は、地球温暖化による影響であると・・・・。

はたして、それだけなのでしょうか?  

古代史を思い起こせば、過去に大きな事象の変化が何度も起きて・・・。

私はよく、天・人・地 の乱れは必ず私達人間に帰ってくると・・・。

このことを、肝に銘じて各自行動していかなければならない時期ですね。
  
| 自然・生態系 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
地球環境の変化について一言
こんにちは。

今日の東京は薄曇りで肌寒い感じがしています。

最近の気候は寒暖の差が激しく、体調管理も大変ですね。

今年の夏はとても暑い日が続き、また秋口からは台風の影響による集中豪雨に

見舞われて各地に被害を齎しています。

それにしても、『台風』多いいですね。 地球温暖化による海面水の温度上昇

によるものが主な原因なのでしょう。

地球環境の変化はすでに前回の変化(1万2千年〜1万4千年ぐらい前)からかなりの
           *ムー・アトランティス大陸が沈んでから・・・。
年月がたっているかと思います。

文献によれば、世の中のサイクルは人間の過ちの積み重ねに起因するものが多く、

それがいわゆる『禊』となって現れます。

地球温暖化もしかり、IPCC(気候変動に関する政府間パネルの原案)によれば

今世紀末には気温4.8度、海面は81センチ上昇すると言われています。

 これらの原因を作り出しているのが、まさしく人間です。

最近、アジア地域が非常にホットな感じがします。 

一方では経済大国、また一方では途上国…と言うような使い分けをしている国が

あるようですが、・・・。とても危険ですね。 

水・空気には国境はありません。 共に共有するものだからです。 ところが、

『人の物はおれの物』などと言う安易な考え方をしている国もあるようですが、

なんでも欲しがるのはどうかと・・・・・。

時々はダメなものはダメと言ってあげる親切と勇気が必要ではないでしょうか・・・。

五色人の共存共栄の為に・・・。 皆さんはお分かりですね・・・。



  







 
| 自然・生態系 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
最近の自然なる力に思うこと
 こんにちは。

関東地方もやっと梅雨明け、本格的な夏の暑さの到来ですね。

土曜、日曜とはあいにく小雨もぱらつき、やや気温が低かった

ように思います。  こんな時は夏風邪にご注意を!


ところで、最近新聞や経済誌などを読んでいると、地球規模で

色々な気象に関する記事が掲載されています。

たとえば、アメリカの干ばつにより、穀物相場が上昇しているとか、

ロシアでも気象の変化により小麦などの穀物相場が上昇している

とか・・・。

日本でも、竜巻や集中豪雨などによる被害が報告されています。

最近の気象に関する記事を読んでいると、世界規模で今までにない

変化が読み取れます。  また、世界の主だった海流も流れが変化

して魚の生態系が変わってきています。  


 天候や海流の変化は、我々人間社会に敏感に返ってくるのです。


 世の中の自然なる力は我々人間ではコントロールできませんし、

また無理にコントロールしようとしても・・・。


自然なる力の変化とどのように対応していくのかが重要です。 この

対応に遅れをきたすならなら、経済、社会全体の混乱を引き起こす

ことになるでしょう。   

国を治める政治家の方々、政争、権力争いなど行っている場合では

ありません。   

真の意味でこの自然界の変化を感じとり、国を治めてほしいものです。


| 自然・生態系 | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
震災前後の自然の変化について
 こんにちは。

まだまだ寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、いまだ余震の収まる気配がありませんが、まだまだ続く

ような気が・・・・。(ただし、津波が発生するような大きな地震は

しばらく来ないと思います。)

ところで、昨年の震災前の一週間ぐらいだったと思いますが、モグラ

の移動した跡がそこらじゅうにありました。 また、小鳥たちも

サッと消えたように思います。  今思えば、やはり震災の予兆を

素早く感じた動物たちが、危険を察知して、どこか安全な場所へ

移動したのでしょう。  それに引き替え、人間の感性はかなり

鈍感になっているように思います。 (欲ボケかも・・・)


茨城の神宮では朝6時半に、御本殿に参拝いたしますが、最近ようやく

メジロやモズ、その他の鳥たちの囀る声が聞こえてくるように

なってきました。 (御本殿の前で、鳥の囀る声に反応すると

小鳥達もまた何か話しかけてくるように、反応します)

少しは自然環境も落ち着きを取り戻しているのでしょう。

しかし、まだモグラの通過した痕跡は見つかりません。 モグラは

地震などの余地力が高いと言われてますが、動物の専門家ではないので

数値的なことは・・・。


それにしても、あっと言う間に時が過ぎて・・・。

私達はもっと普段から自然と親しみ、学ぶ心を持たなくては

いざと言う時に危険を察知することができません。

もっと自然と向き合ってみてはいかがでしょうか?












| 自然・生態系 | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE