京都・大悲山・三本杉へ行ってきました。
こんにちは。

昨日京都の大悲山へ行ってきました。京都市内は朝は薄曇りのお天気でした。

いつも京都駅前でレンタカーを借りて出かけます。 京都駅から大体1時間30分ぐらい

で大悲山に着きます。 昨日は鞍馬山位までは薄曇りでしたが、先へ進むと

だんだんお天気が怪しく、厚い曇空になって・・・。

皆さんもご存じの通り、先般京都地方は集中豪雨に見舞われて、嵐山辺りは

川が氾濫し水浸しでした。    大悲山はかなり山奥なので・・・・

心配していましたが・・・。

大悲山に着後、三本杉を目指して車で登れるところまで行きそこから歩き

ました。   しばらく歩くと崖崩れと大きな杉が行く手を・・・。

そこを越えてみると、程なく三本杉が見えて、それも何事もなかったかの

ようにそびえ立っていました。

三本杉の前に立ち、お掃除をしてお神酒をお供えし祝詞を暫くの間

奏上していました。  すると後ろ側から何となく暖かさを感じ・・・。

体が熱く感じて・・・。

程なく奏上を終えて後ろを振り返ると、雲の切れ目から太陽の光が当たって

きたのです。   きっと何かの暗示かと思います。

今月の23日は秋季大祭で、その中でも鎮火祭が執り行われます。

「火」は地の如く静まる・・・・。 「火」との会話・・・。

暫くの間、三本杉で英気を養って・・・。三本杉より戻りました。


皆さんも時々自然と触れ合ってみてはいかがでしょうか。

そして、自分に「気」の合う場所を探してみるのも良いですね。



 
| 聖地参拝 | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
最近、あるコラムを書いています。
 こんにちは。

以前からパワースポットについて何度か取り上げていますが

実は時々僕もある雑誌にコラムを書いています。

お勧めのスポットとか何が違うのか・・・など。

僕のお勧めのスポットとは、最近本屋などで見かけるパワー

スポット本とは違った視点でお勧めしています。

実際に自分で出かけていって、本当に気・パワー・エネルギー

等が感じられるのか。  また、単に噂話の類は避けています。

先日、とある雑誌社から、パワースポット特集をまとめた小本を

作成したいので、貴殿の御宮を乗せるにあたり、協賛金を・・・。

これって一体何?  そうです、これは新手の金儲けでは。

勿論私共の御宮の協賛はお断りしましたが。

世の中に出ているパワースポット本すべてがやらせとは

思いませんが、商業ベースになっている点は否めません。

*多少書籍を参考にすることはいいのですが・・・。

そんな意味でも、自分の足で自分流のパワースポットを

探してみてはいかがでしょうか。
| 聖地参拝 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
御皇城山(富山・おみじんやま)祭典をおえて
 こんにちは。 

毎日暑い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしで

しょうか?

ところで、今年も22日に御皇城山(富山・おみじんやま)の大祭

が無事終了しました。今年は例年以上の暑さでしたが、多くの

方が参拝に来られました。

御祈願祭の後、鳴動祭が執り行われましたが、男釜(陽)、

女釜(陰)の順番でとりおこなわれ、近年まれな音の響きと

女釜の音霊の響きの早さでした。

これは何を物語っているのでしょうか?

これを解釈するに、世の中の混乱と次元の速度の速さかと思い

ます。  余の中はめまぐるしく変化し、その速度は加速され

御自分の役割を自覚されていない方は、はじかれると・・・。

脅かすわけではありませんが、ある種の神様よりの警鐘

なのでしょう。

まだ大丈夫、などとのんびり構えている貴方、本当に大丈夫

なのでしょうか?

足元をしっかり見つめなおしてください。


ところで、話は変わりますが、先般実施いたしました、

初級神向きと祝詞講座につきました、次回の日程が決まりました

ので、お知らせいたします。

 9月11日(土曜)・18日(土曜)  10時30分〜12時  
   2回講座      
 
 古神道体験講座  10月23日〜24日(土日) 1泊2日

 参加資格など詳細につきましたは、事務局までお問合わせください。

  03−6206−0255  

| 聖地参拝 | 09:33 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
大悲山を訪れて
 こんにちは。

今週の月曜日(17日)、久々に京都の大悲山にある三本杉を

参拝してきました。当日は、お天気にも恵まれ、すぐそばの小川

のせせらぎも心地よく、また山の湧き水に触れて、とても

清々しい気持ちになりました。

僕は年に必ず2回は訪れることにしています。

この場日は、第66代管長 竹内巨麿氏が約1000日修行した

場所でもあります。  

約30分ぐらいひたすら無の境地で祝詞を唱えます。

終わった後の清々しさは何とも言えませんね。


皆さんの中にも大悲山を訪れたことのある方、または行って

見たい方もいらっしゃるかもしれませんが、この時期は

山には蛇が沢山居りますし、また近年、熊が出没しており

ますので、くれぐれもご注意ください。

また、この山は、霊山ですので不埒な気持ちで行く所では

ありませんので。


今回も山道で、蛇が横切りましたが、不思議と蛇に、止まれ

と言えばこちらを振り返ってみていますが、いいよ、と声を

かければささっと脇道へ入っていきます。

きっと山を守っているのでしょう。


次回は10月頃に行く予定です。 

何人かの方から、同行したいとのお話もありますので、

今後検討させて頂きます。 





| 聖地参拝 | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE