皇祖皇太神宮と日蓮について  パート

皆さん、こんにちは。 昨日、茨城におりましたが、

日中10度あるかぐらいで、とても寒く感じました。

今日は若干気温が上がるかと思います。

やはり、暖かいのは良いですね。

 

さて、日蓮についてのお話の続きを・・・。

神主家から何度も断られたのですが、彼は一大決心

を定めて、神宮の白龍堂に籠り、草木も氷る北国の

吹雪に身を曝し、三十七日の断食をして滝に打たれ、

命を捨てて極寒の荒行を行い、一念神に通ぜようと

祈り続けるのであった。

 

日毎夜毎この有様を見守ってきた神主は、感激し

余にも静なる坊主かなと・・・・。

解かざるはずの心の紐をついに解き「この宮は

幾十度となく、僧都の為に焼かれ汚され、神主の

難を受けて殺されしもの自害せる者の数知れず、

今猶災害常に至る様なれば、先祖の遺言家の掟

と厳重にて一切他人に物語らぬ習なれど、汝の

誠意を見ぬきたれば今こそ多年の望み叶へ

さすべし」かく告げられた日蓮は狂気せんばかりに

うち喜び、平身低頭涙を流し死すとも他言せざる事

を誓い、初めて神寶神天津國津の古事を伝授されたので

あった。

| 古文献と歴史 | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
4月1日 月次祭を終えて

皆さん、こんにちは。 ここ茨城でも大分暖かくなって

きました。ただし、裏山に沢山の杉の木がありますので、

花粉症の方はちょっとつらいかもしれませんね。

 

さて、1日の鳴動祭についてご報告いたします。

まづ、男釜からですが、すでに祭式を始める前に何やら

気配を感じました。

祭式が始まり、祓いの儀と進んで、降神の太鼓を叩き

始めると音霊の気配が・・・。

正面に着座して、神降ろしの秘儀を始めると、もう音霊が

鳴り始めたのです。それも時折鐘の音が入りまじり、

激しく・・・。

また、女釜については、

祓いの儀の後御祭神を唱えようとすると、とても静かに目の前の

上に、気配を・・・。  そこで、秘儀を唱え「術」をかけると

すぐに大きな音霊が鳴り響きました。

 

*鳴動祭の音霊は毎月違う音霊が発せられますので、毎月参拝に

 お越しになっている方なら、色々と感じられるものがわかるかと。

 

男釜曰く、物事成就するには、最後まで粘り強く取り組むこと。

また、女釜は最初はあまり芳しくなくとも、諦めず取り組めば

必ず成就する。

 

それにしましても、今月は何かありそうな予感が致します。

世界、日本、そして個々人・・・何があるやら・・。

気を引き締めて何事にも取り組んで頂きますように。

 

私は、世界の五色人が共に繁栄し、また国の安寧や皆様方の

健康開運をお祈りさせて頂きました。

| イベント | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
4月1日月次祭のご案内

皆さん、こんにちは。桜も満開で、上野公園などでは大勢の

人々が見物に訪れていますね。  ただ、ごみを捨てて行く

方もおり、マナーは守って頂きたいです。

 

さて、今度の日曜日は皇祖皇太神宮の月次祭が執り行われます。

時間は午前10時30分から

そこで気になるのが鳴動祭の釜鳴りはどのような音霊が聞こえ

てくるのでしょうか?

 

世の中、内外共に騒がしい状況です。 また、自然界でも

色々な兆候が・・・・。皆様方も色々な意味で、危惧されて

いることもあるかと・・・・。

 

皆様方の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

| イベント | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
皇祖皇太神宮と日蓮について パート

皆さん、こんにちは。 今日の東京地方は晴れて、心地よい

日和です。 桜も満開のようですが、上野公園などでは

絶好のお花見が楽しめることでしょう。

 

さて、前回の続きですが、日蓮修行の為に心魂を・・・・。

と言うところでした。

在夜の未明に何者かが心の耳に囁くのを感じた彼は、懸命に

これを聞き取ろうと努力したが、無駄であった。

その後幾度かこの囁きを聞くにつれて遂に明解する事を得た。

それは「汝ゆいて越中の國のいとも古き宮に真の道を学べ」と

いふのであった。 彼は、これこそ神の導きと信じて大いに

喜び直に下山して勇躍越中の國に趣き、大山村の真言宗文殊寺

に身を寄せたのである。 そしてよう遙々尋ねた末古宮が竹内

神主家の斎祀する皇祖皇太神宮であることを突きとめ、以来雨の日

も雪の夜も厭ふことなく飽くことなく、五里余の路を遠しとせず

神主家に通い詰めたのであるが、元来竹内家は幾百年の昔から

佛教と武門の為あらむ限りの迫害を受け、当時も猶受難の時代で

あったので、如何に日蓮が懸命の願も素気なく断られて取りつく術

もなく、流石に一時は途方に暮れたが、かくてはならじと更に

勇を鼓して頼み入ったけれども、神主家では断固として聞き容

れなかった。    つづく・・・・。

| 古文献と歴史 | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
皇祖皇太神宮と日蓮について

皆さん、こんにちは。

ここ最近、寒暖の差が激しいので、体調管理が大変ですね。

 

さて、今日は文献の中から、皇祖皇太神宮と日蓮との出会い

について、お話をさせて頂きます。

 

日蓮は皆さんもご存じの通り、安房の國小湊浦にて、

真應元年2月16日に産まれた。父は貫名次郎重忠で

母は梅菊と言った。

12歳の時同國清洛寺に到り法印の指導を受けて專ら

密教を修行し、延暦元年18歳の春剃髪して佛門に入り、

薬王丸を房連長と改めた。このころから盛んに、東國の寺々

を回遊して教えを乞ひ道を求めたが、一つとして満足を

得なかったので悶々の情を抱いてついに叡山の霊場に

入った。

当時叡山には三千有余の僧が居たけれど求道に熱心な

ものは少なく、また彼が私淑するような碩学も高僧も

見当たらなにので、彼は專ら静座によってよって自ら

悟りを開こうと努めたが、心魂を打込んだ念々不断の

行業も徒に歳月は流れ、心境の開きは一向に無かった。

或夜・・・      つづく・・・・

 

| 古文献と歴史 | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
3月11日春季大祭を終えて

皆さん、こんにちは。 大分暖かくなってきましたが、花粉の

季節でもあり、目や鼻が・・・。お陰様で、私自身は大丈夫なの

ですが、周りの方々が辛そうで・・・・。

 

さて、春季大祭も無事終了致しました。当日は晴れ間も見えて

まずまずのお天気でした。

式典の最初に、御本殿への参拝を済ませ、拝殿にて祓いの儀から

始まりました。

続きまして、鳴動祭

鳴動祭の準備に入りまして、炭を熾して準備を進めていた時

の写真ですが、なぜか御神宝の上に雲のような光景が写し

だされておりました。

何とも不思議な光景です。

 

*当日の御神宝拝観は、イザナギの剣、コノハナサクヤ姫、

アメヒノムトアシカビキミヌシミヒカル神、

ツクリヌシキヨロズオノ神 などの御神体

 

鳴動祭はまず男釜から

始めに祓いの儀を行い、そして、御祭神の祝詞から始めた

のですが、高天原に神留り座す・・・より音霊が鳴り始め

ました。

徐々に強く、大きく・・・・ただし、「地」の方から・・・。

そして、徐々に小さく・・・・。

また、女釜ですが、こちらも祓いの儀が終わり、御祭神を

唱えはじめ、天津祝詞の初めの、高天原に神留り座す・・・

辺りから、音霊が鳴り始め、徐々に大きく・・・・。

それも、「天」の方から力強く・・・・・。

 

音霊は陰陽合わせてとてもきれいな音が・・・。

また、天と地からの音霊も不思議な感じが致しました。

 

世の中の行く先を現しているのかと・・・。天、地共に

騒がしいようですが、じっくり腰を落ち着けて対処して

行けば、何ら禍に巻き込まれることはありません。

 

御参拝された方々、誠に有難う御座いました。

 

| イベント | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
春季大祭のご案内

皆さん、こんにちは。

大分暖かくなってきましたが、花粉症の方にはちょっと

大変かもしれませんね。

 

さて、今度の日曜日(11日)は当神宮の春季大祭です。

また、奉賛会特別会員の方には、御神宝拝観があります。

大祭の開始は、午前10時30分からとなっております。

御祈願祭、鳴動祭、御神刀による祓いの後、御神宝拝観

となります。

 

崇敬者の皆様方には、是非参拝されますように。

当日は、拝殿の上に御神宝が納められておりますので、拝観

されない方にも、不思議な力を感じることが・・・・・。

 

皆様方の御参拝を心よりお待ち申し上げます。

| イベント情報 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
平成30年3月1日 御祈願祭(神田CR)のご報告

皆さん、こんにちは。

今朝の東京はかなり強い雨が降っていましたが、10時頃からは

日差しもあり、かなり暖かくなってきました。

 

さて、今日は1日ですので、神田CRにて御祈願祭並びに御神刀

による祓いを執り行いました。

 

天津祝詞から始まり、降神の儀、祓いの儀を終えて200神の

祝詞を奏上していると、神々が話しかけてくるような・・・。

そして、色々なことが浮かんでくるのです。

 

今月も、世の中より一層騒がしいような・・・。

波が激しく・・・。浮き沈みが・・・。

 

ただし、何か難局な場面に遭遇しても、必ず「人」が助け

船をだしてくれ・・・、そのキーとなる人は神向きを

している人には、必ず目の前に現れることでしょう。

 

にわか○○○の方には、ちょっと難しいかも・・・。

 

普段からの行いを正している人には、必ず「神助」があります。

 

今月は11日に茨城の本庁にて、春季大祭が執り行われます。

色々と大変な時期ではありますが、こんな時ほど、万事繰り合わせ

頂きまして、御参拝されることをお勧め致します。

 

 

| イベント | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
3月度のお知らせ

皆さん、こんにちは。

暫く、出張や雑務に追われまして中々ブログの更新が

出来ずご迷惑をおかけしました。申し訳ありません。

 

さて、寒暖の差が激しい2月でしたが、春はもうすぐ

目の前に・・・。

3月度のお知らせをさせて頂きます。

3月1日は 神田CRにて御祈願祭、御神刀による祓いを

執り行います。 *10時30分より〜

また、11日(第二日曜)は茨城の本庁にて、春季大祭を

執り行います。

開始は、午前10時30分〜

御祈願祭、鳴動祭、御神刀の祓いの後に、奉賛会特別会員の

方々に、御神宝の拝観があります。

今年の御神宝は御神示を受けてから、決めさせて頂きます。

 

今年に入り、気候の変動や、微弱な地震、火山噴火と

色々な現象が起きております。また、海洋の生態系にも

影響が・・・。

 

春季大祭の皆様方の御参拝を心よりお待ち申しあげます。

 

| イベント | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
平成30年2月度 月次祭を終えて

皆さん、こんにちは。

今年に入り、寒い日が続いております。また、寒波や

大雪で、北陸、東北、などを中心に、関東地方でも

久々の大雪に見舞われています。 各交通機関はマヒ

状態で、特に東京は雪に弱いですね。

 

さて、2月の月次祭の模様をご報告いたします。

鳴動祭では、男釜の音霊の鳴り方が上の方から神々が

見ていられるようような気配で・・・、前半戦は音霊が

弱く中ごろより、急に大きく鳴り響きました。

そして、最後はさっつと納まりました。

女釜は、祝詞奏上前に行う秘儀の唱え事を終えると

すぐに音霊が鳴り響きました。 まだ、が祭神を唱えて

いる途中なのに・・・。

前半はやや強く、中盤はやや弱く、そしてまた強く・・。

 

今月も何か前半戦は何事においても注意が必要です。

また、物事の粘りと、引き際を間違えないように

することが大切です。

 

自然界の動きも活発で、今までの常識では考えられない

事など・・・注意が必要です。

 

世の中インフルエンザも流行っておりますので、体には

十分気を付けてください。

| イベント | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE